すね毛を薄くしたい方におすすめの脱色方法とは?

すね毛が濃くて太いと、カミソリやヒートカッターで処理をした場合に黒い断面が目立ってしまいますし、除毛クリームだと溶け切らなくて残ってしまうこともあるでしょう。

 

すね毛を薄くしたい方におすすめの脱色方法とは?

そうなると脱毛サロンなどで処理をするしかない、と思ってしまうかもしれませんが、自分で悩みを解決出来る方法が脱色です。
脱色というと、ヘアカラーをするときに行う処理のイメージが強いかもしれませんが、ムダ毛処理の一つとして昔からあるスタンダードな方法です。

 

脱色は基本的に毛のメラニン色素を抜くという方法なので、直接的にすね毛を薄くするという効果を持っているわけではありません。

 

それなのに薄くしたい方におすすめと言えるのは、ちょっと話が変わりますが、髪の薄毛の原因を考えてみると分かりやすいでしょう。
髪が抜けたり細く弱々しくなるのは、髪がダメージ受けることが要因の一つとされていて、特にヘアカラーは大きなダメージを与えて薄毛を引き起こすと言われています。

 

つまりすね毛を脱色するとそれがダメージとなって、ムダ毛の再生機能を低下させるので、結果的に健康なムダ毛が生えてこなくなり濃くて太いすね毛を薄くすることができるのです。

 

もちろん脱毛サロンなどで行うフラッシュ式脱毛も毛根組織にダメージを与えるので、すね毛を薄くする効果が期待できます。
ですが、プロの施術を受けるには何回も通わなくてはいけませんし、毛周期に合わせて脱毛すると、完全に終わるまでには2年ぐらいかかってしまいます。

 

しかもかなりの費用が必要になりますが、脱色はブリーチだけで済みますし、薄くするまでの期間も脱毛ほどかからないので、すね毛を薄くしたい方には一番おすすめの方法なのです。

 

お困りのすね毛の処理はカミソリで自宅簡単ケア

 

カミソリを使ったムダ毛処理は、肌を傷つけてしまうだけではなく、雑菌>が侵入したり埋没毛などのトラブルが起きるリスクがあるので、絶対やめましょうという意見が多いですね。

 

すね毛を薄くしたい方におすすめの脱色方法とは?

ですが、脱毛サロンなどで処理()をするのは通う手間もお金もかかりますし、家庭用脱毛器は高額なものが多いので購入するには勇気がいるでしょう。

 

そもそもカミソリでさっと剃れる程度のすね毛であれば、面倒な手間やお金はかけたくないものです。

 

あまり良い評判を聞かないカミソリですが、やり方さえ間違えなければ、ダメージを最小限に抑えて綺麗に剃ることができます。
カミソリで肌が傷つくのは、剃り方に問題があることが多いようです。
すね毛をカミソリで剃る時は、必ずシェービングクリームなどを塗って肌を保護しましょう。

 

そしてまずは毛の流れに沿って刃を押し付けすぎないように剃り、足首までいったら、またシェービングクリームを塗って、今度は毛の流れに逆らって下から上に剃っていきます。
大事なのは刃を何回も往復させないことなので、上からと下から、丁寧にゆっくりと剃ってください。

 

剃り終わったら、ローションを塗って肌を整えてから保湿効果のあるクリームをたっぷり塗ります。
このケアを怠ると肌トラブルを起こしてしまうので、アフターケアもきちんと行ってください。

 

使い終わったカミソリは綺麗に洗ってタオルで拭き、水がかからず湿気のないところで保管しましょう。
すぐに生えてくる困ったすね毛も、このように正しい方法で行えば、自宅で簡単にカミソリでケアできるのです。